【ウルフ・オブ・ウォールストリート】お金が欲しい時に見る映画

男なら誰しも多かれ少なかれ野望を抱いてますよね。
大金を手に入れたい。良い女を抱きたい。権力を手に入れたい。
数えていけばキリがありません。
今回皆様にご紹介する映画は野望を追い求めた男の半生を描いた物語「ウルフ・オブ・ウォールストリート」です!

キャスト
ジョーダン・ベルフォート – レオナルド・ディカプリオ
ドニー・アゾフ – ジョナ・ヒル
ナオミ・ベルフォート – マーゴット・ロビー
マーク・ハンナ – マシュー・マコノヒー
ピーター・デブラシオ – バリー・ロスバート
パトリック・デナム – カイル・チャンドラー
マックス・ベルフォート – ロブ・ライナー
リー・ベルフォート – クリスティーン・エバーソール
ブラッド・ボブニック – ジョン・バーンサル
チャンテル – クリスティーナ・キャス
マニー・リスキン – ジョン・ファヴロー
ジャン=ジャック・ソーレル – ジャン・デュジャルダン
テレサ・ペトリロ – クリスティン・ミリオティ
ニッキー・コスコフ- P・J・バーン
チェスター・ミン – ケネス・チョイ
ロビー・ファインバーグ – ブライアン・サッカ
オールデン・クッファーバーグ- ヘンリー・ジェブロフスキー
エマ叔母さん – ジョアンナ・ラムレイ
ドウェイン – スパイク・ジョーンズ
テッド・ビーチャム – シェー・ウィガム
トビー・ウェルチ – イーサン・サプリー
フランク・ベリー – マーティン・クレバ



あらすじ
22歳でウォール街の投資銀行で働き出したジョーダンは、学歴もコネも経験もなかったが、誰も思いつかない斬新な発想と巧みな話術で瞬く間になりあがっていく。26歳で証券会社を設立し、年収4900万ドル(49億円)を稼ぐようになったジョーダンは、常識外れな金遣いの粗さで世間を驚かせる。富と名声を手に入れ「ウォール街のウルフ」と呼ばれるようになったジョーダンだったが、その行く末には想像を絶する破滅と転落が待ち受けていた。

一言で表すなら「破天荒」な映画!
金!女!ドラッグ!もうなんでもアリの映画です!
女の人が頭を丸刈りにして賞金を貰ったり、怒った上司が部下の飼っている金魚を飲み込んだり、社内で社員同士がバンバンヤッてたり。もうめちゃくちゃです。
登場人物のほとんどが頭ぶっ飛んだイカれた奴らで、倫理観もクソも無いような考え方ですが、ここまで振りきると逆にそれが気持ちいい!!
序盤ジョーダンが成り上がっていく姿は見ていて気持ちいいし、そのスケールの大きさから非常に高揚します。
しかしその反面「このまま調子良くいくわけないよな…」と思っていたら案の定、色々なトラブルが出てきます。
この映画はもちろん、人生の起承転結も考えさせられる映画であると思っています!

基本コメディのようなテイストでテンポも良いし、展開も大きいので観ていて飽きることはありません。
一つ一つのスケールが大きいので爽快感も味わえます!
全く違う世界の人間の人生を味わえる作品なので、今の現状に満足していない人が観ると、少しは引き込まれるかもしれません。

※家族や恋人と観ることはオススメしません!!

こんなディカプリオ見たことない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です