仕事が辛い時、辞めるまでの間耐える3つの方法

仕事が辛い時、辞めるまでの間耐える3つの方法

仕事のプレッシャーがすごい
職場の人間関係が辛い
好きな仕事じゃない

色々な理由で仕事が辛いことはありますよね。
近年は、転職が一般化し
そんなにキツイなら転職すればいい
といった考え方も一般的になってきました。

確かに、鬱などの精神疾患になったり
身体に不調が出たり、時には死んでしまいたいと思う前に手を打つ事は1番大切なことです。
しかし、転職の時期であったり
家庭の事情などで「もう少しだけ」会社にいないといけない人もいます。
また、せっかく入れた職場で中々踏ん切りがつかず、「せめて後1年は」と頑張ってみたいという方もいます。そんな「今辞める訳にはいかない」方も必ず存在します。

今回は、今すぐ辞める訳にはいけないけど、会社にいるのは辛いという方向けに
どういったスタンスで仕事に向き合えばいいのかご紹介します。


①あくまでもお金を稼ぐ手段と割り切る
これが1番手取り早いです。
出社して、人間関係や取引先とのトラブルなどに悩まされることもあると思いますが、出社する目的は「給料をもらう事」につきます。特に新卒入社の方などは、初めての社会人で給与面以外のところでストレスを感じていると思います。勤務時間が長過ぎて今にも倒れそうな場合を除いては、出社している事だけで目的は果たしているのです。
余計な事は考えず「出社してお金を貰う」ことだけ考えましょう。出社すれば基本給は最低でも支払われます。自分が定めた退職日までなら、このスタンスだけで乗り越えられる場合もあります。

②次の転職のスキルを蓄える期間だと割り切る
転職をしたいけどスキルが、、と悩んでるいる方は必見です。
出社すれば意外と勉強になる事は多いのです。例えば事務職の場合、単純にエクセルを覚えるために職場のエクセルを触ってみましょう。あくまでその作業は「自分のため」なのだと割り切ることが大切です。
営業職の場合は、普段しなかった提案を実験的にやってみるのもおもしろいかもしれません。
このように、「自分のため」になる事だけは思い切ってやってみると出社する苦しさが軽減されるかもしれません。

普段、正社員として出世を目指して働くのであれば会社の意図を理解し、それに沿って効率的に物事を運びつつ、時には自分の業績をアピールしなければなりません。考えることがとても多いのです。

しかし、仕事に耐える段階にきたら
そんな事はどうでもいいのです。
自分のスキルはどうなのか、もっと伸ばせないのかと転職に向けての自由時間と捉えて過ごしましょう。
それで給料ももらえるなら、一石二鳥だ!くらいに思ってやってみましょう。

少し余裕がある方なら、人間関係も色々試してみてください。
転職したら、ほとんどの方は前職のコミニティと関わる事はありません。
なので、普段できない振る舞いなど迷惑をかけない範囲で試すことができる珍しい機会なのです。

③資格取得に徹する
半年以上は辞められない方、必見です。
上記の2つの方法に絡めてではあるのですが、資格取得のための期間と割り切りましょう。仕事の空き時間や仕事中のバレないタイミングもうまく利用して資格取得に向けて時間を使うのです。
例えば、移動時間に本読むとかです。
オフィスワークの方などは難しいかもしれませんが、仕事に絡む資格であればこっさりやりやすいですね。
エクセルのMOSや、TOEIC宅建など資格は様々あります。自分に合った資格を探してみるとワクワクしてくるかもしれません。



いかがでしたか。
今回の記事で救われる方いると幸いです。
「仕事は自分のためにする」ことは当たり前なのですが、どうしても辛い時は割り切ってそのスタンスを強く持っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です