疲れたら食べる クエン酸で疲れを見抜く

疲れが中々取れない、、
そんは日々を送っていると、クエン酸がいいという情報がたくさんありますよね。

確かに、クエン酸は疲れに効くというのはよく聞きます。

しかし、今回はクエン酸を違ったイメージで使って疲れる毎日のサポートに役立てる活用方をご紹介します。

それは、クエン酸で疲れてる度合いを計り、それに合わせて生活を合わせる方法です。

そもそもクエン酸とは
白色もしくは透明で水によく溶け、熱にも強い物質です。

疲れのもとになる乳酸に効果があるとされていました。

ほかにも痛風にも効くともされています。
尿をアルカリ性にする性質があるため尿の中の尿酸をとかして、結果として尿酸値が下がり、痛風に効くともされています。

ここまで、いろんな効能があるのですが、
実は本当に健康に良いという科学的データは無いのです。

でも、クエン酸が入っている食品や飲み物、サプリはたくさんあります。

一般的なスポーツ飲料から、レモンなど柑橘類、梅干しなど様々です。

どうにか、活用できないものか、、

そしてたどり着いた答えが、


クエン酸を疲れレーダーにする!
といったことです。

疲れがたまると体のナトリウムが不足します。
その状態でクエン酸を口に入れると酸っぱく感じるのです。

ここに着目し、自分の疲れ度合いを知るために摂取して見ましょう。

現に自分の疲れ度合いは中々わかりません。
精神的な部分も絡み、実は疲れてるのに頑張りすぎてしまう。
または、そこまで疲れてないけど何かだるい。

そこを分かりやすく知るために
毎朝クエン酸をとって見ましょう。

今日はちょっと酸っぱいな、
と思ったら
①少し業務量を減らしてみる
②休息を増やしてみる
③栄養ドリンクを飲んでみる

疲れてると思ったけど、
いつも以上に酸っぱく感じない
①病気(風邪、胃腸炎)等を疑ってみる
②精神的な疲れを疑ってみる
③心の休息のためにしたいことをしてみる

など、味覚によって対応していけば
大きな病気や精神疾患の予防につながると思います。


科学的なデータが無いにしても
クエン酸の体への良さは昔から言われていることなので、本当に体に良ければ一石二鳥です。

毎朝、クエン酸を摂取することも実践してみてください!

疲れへの予防が、健康への第一歩です!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です